唯物論の沈黙
此処は大神未稀のゴシック&ロリータな日々と思考を綴るブログです。 (少々辛口な所もあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想いを形にして贈るという行為についての考察。
 緋紗ちゃんさん、誕生日おめでとう御座います♪


 多分、私が一番遅いですよね。
 でも今年の誕生日プレゼントはこれまでで一番気合い入ってるので赦して下さい。(笑)

 一昨年はお箸、去年はペンダントトップでした。
 今年はプリザーブドフラワーです!!


 しかも黒薔薇の!


 でも黒薔薇のプリザーブドフラワーのアレンジって種類少なくて、しかもなんだか可愛らしいのばかりで。
 妥協したくなかったのでオーダーメイドにしました。



 だって。



 遠く離れてしまったんですもん。

 簡単に会えなくなってしまったんです。


 だから特別で、簡単に朽ちない、美しいものでなきゃダメだと思ったんです。
 (プレゼントに実用性を求めるのは邪道だと気付きました。)


 (嗚呼、思ったより私は寂しいのかな。)




 電話が来たときはちょっとびっくりしました。(笑) でも喜んで貰えたようなので満足です♪
 喜んで貰える瞬間が一番好きです。妥協しなくて良かった。嗚呼、幸せ。

 緋紗ちゃんさん、夏、待ってますから、泳ぎましょうね!

スポンサーサイト
私は私の中の青い芽を見つめている

ご機嫌よう。ご無沙汰してます。


外は大雨と強風です。
この間植えたブルー・ムーンとアリストロメリアの安否が心配です。



最近、花の衝動買いが著しいです。
薔薇やアリストロメリアの鉢植えにカサブランカの球根、バラの花束、母の日には青いカーネーション・ムーンダストの切り花にプリザーブドフラワー。

これからも生きていく花、枯れていく花、新しい花、枯れない花。

花は儚い、といいますが「なんて侮辱だろう!」と思う位に強いものです。
でも嗚呼、撫でた感触がとても好きなのに、時折無性に握り潰したくなるのは何故なんでしょう!

握り潰したいのに、開き始めた薔薇の美しい輪郭を永遠に留めておきたいとも思うのです。
もし握り潰せば枯れていく様を見ずに記憶に留めておけるでしょうか?でも握り潰せば更に醜いものを見る事になるのでしょうか?

あの時、今の気持ちで手を伸ばしていれば、君を手に入れてみせるのに!



自覚するのに大分時間を要してしまいましたが、どうやら五月病のようです。
ええ、GW辺りからなんだかおかしかったので間違いないでしょう。さて、これまで罹った事がないので、どうしたらよいのやら…。

でも、鬱状態ではないのです。言うなれば、躁状態。


厄介ですね、とても。実は鬱より躁の方が、人間関係を著しく破壊する事を知っていますか?


心神に響く鐘の音を
 四国八十八箇所、二十三番札所・薬王寺に行ってきました。


 土曜日でしたが丁度桜が満開で、しかも人も少なかったのでのんびりお花見が出来ました。
 此処は薬師如来を祀るお寺で、厄落としにいいらしいです。厄年の人は社まで続く階段に、一枚ずつ硬貨を落としてゆくのだとか。

 生憎私は厄年を過ぎていたのでやりませんでしたが、今年一年の息災を願ってきました。


極楽往生


 「梵鐘に桜

 私の仏教に於ける極楽浄土のイメージです。(クリックで拡大)
 普通は極楽浄土というと、蓮の花を思い浮かべるのでしょうが、私は梵鐘と桜です。何故なのか、よくわかりません。

 ただ梵鐘の音が近くにある桜の花を震わせる、そんな些細なことすら美しいと思えるなら、私はまだ極楽浄土にいるのだと思えるのです。

 
左側の天使、右側の悪魔
 無事バイトが決まりました。


 嗚呼、良かった。本当に良かった。
 受からなかったどうしようと今日一日動揺してました。ついうっかりいつもの癖で合格をお知らせ下さった電話口では平静を装って、なんでもない風に対応してしまいましたけど。(笑)
 …今日は四月馬鹿には早いですよね?(笑)

 
 私のお引っ越ししてきた家の隣のお家に、柴犬の子犬がいます。
 元気が良くてよく懐き(日本犬としてそれはどうなんだろうと思わないでもないですが、まだ子供ですししょうがないですかね)、よく脱走しようとします。
 つい先日、脱走して私の家の庭を走り回ってました。雨の中。(笑)

 その子は大変な美犬で、今まで見た柴犬の中で一番の美犬かもしれません。
 首輪にはその子の名前と、住所が。よく脱走したりするので、首輪をつけていないと保健所に連れて行かれてしまうと飼い主の方は苦笑しておいででした。
 
 自分が「此処に在る」事の証明は容易いが、自分が「何者であるか」の証明は難しいと思うのです。

 人間は目に見えるものを否定する事が難しい。だから自分が「此処にこのようにして在る」事の証明は実は容易いと思うのです。人間を相手にした場合。
 けれど、自分が「何者であるか」を証明できるものが一体どれ程あるでしょう。パスポートと、運転免許証、指紋認証。これ位でしょうか?
 言葉でどれ程言い繕っても言葉は目に見えないので信憑性が薄い。目に見える何かがあれば、人は納得します。
 
 私がネットのコミュニケーションツールが嫌いな理由も此処にあるかもしれません。
 所詮、相手の肉体が見えないのです。ブログやHP、SNSで他人を理解しようなどと、無理なのです。そこに肉体という絶対的な証明がないからです。

 最近の凄惨な事件を見ていると、余りに肉体を軽んじていると思います。
 自己の証明も出来ず、他人を理解する事も出来ず、結果として社会から乖離していくのです。
 もっと自分が何者なのか、考えて欲しいと思います。そして肉体を維持していくには、他人が欠かせないのだと気付いて欲しいと思います。身近な人だけでなく、この世を構成する全ての人に支えられて存在していると自覚する事が重要だと思います。

 ……まぁ、こんな事を書いてる私も、結構自分勝手ですけど、ね?


希望と絶望の軋みこそを全てとして
 月光ソワレ初回特典DVDはソワレの舞台裏DVDでありました。


 暗黒サイケデリック、というのは個人的予測ではなく、希望的観測でしたね。
 だって!本当に本当に!素晴らしかったんです…。
 今一度あれを見られるなら、東京にだって出向きます!四国から!(笑)

 しかし、月光ソワレのDVDを見ていると、アルバムをコンプリートしたい衝動に駆られますね。
 いえ、曲はしっかりと殆どWMPに入っております。MP3だと音質が落ちるので、形式は全てWMPです。なので重い重い。(苦笑)
 でもCDを買うお金がなくて、レンタルショップで借りてきたものもいくつか。でも早々にディレッタントと神々の黄昏は買いたいです。神々の黄昏のジャケットはホントに美しい。
 EROTIC&HERETICはいくら待ってもレンタルが戻ってこなかったので(3週間通いましたとも。)、待ちきれずに買ってしまいました。でも買った直後に戻ってきてました…。(涙)
 買ったことを後悔なんてこれっぽっちもしてませんが。
 

 昔のCDを聞いても、それこそ10年以上前のものでも、いつ聞いても新鮮さを失わない事。
 繰り返し聞いてこそ、歌詞を見てこそ、真に理解できる眩さ。
 
 これらがアリプロの魅力なのだと思っています。



神々の黄昏神々の黄昏
(2005/12/07)
ALI PROJECT

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。